後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
7.「何であたしがこんな目に?」 I
2007-11-28 Wed 22:57
準備体操Q. 理不尽な出来事
1.最近の出来事で「何であたしがこんな目に?」という経験を共有してください。(5W1H)
2.その時どう思いましたか
3.どう対応して、結果どうなりましたか
4.その経験から、どんな教訓を得ましたか。その出来事はなぜ/何のために起きたと思いますか。
5.(本当は誰のせいだと思いますか。)

<読んでみよう>

ヨブ記1:13~2:13、創世記37:1~50:最後まで

<神はなぜ痛みを与えるのか>
① 警告するため
② 正しい道に導くため
③ 再構築するため
④ 結びつきを強めるため
⑤ 今度はあなたが助ける番

7.「何であたしがこんな目に?」 I…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<H. 14日でうつを克服する方法>
2007-11-21 Wed 00:12
<読んでみよう>
「いのちを救おうと思う者はそれを失い、私のためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。(マタイ16:25)」
「まやかしの証人は滅びる。しかし、よく聞く者はいつまでも語る。(箴言21:28)」
「…だれでも、聞くには早く、語るにはおそく、怒るにはおそいようにしなさい。(ヤコブ1:19)」

<考えてみよう>
本当に14日間?そんな物があったら、試してみたいと思いますか
「コミュニケーション」とはどういう意味でしょうか
あなたの周囲の「コミュニケーション上手」とはどんな人ですか。どんな特性がありましたか
「コミュニケーション」の目的を達成するためには、何が重要でしょう
「人助け」は無意味で、損なことだと思いますか

<コミュニケーションの達人>
「少女時代の私の不幸は、貧しさでした。」現在お婆ちゃんの年齢になり、幸せな家庭を育んできたジェーンさん(仮名)は、昔を振り返りながらこう切り出しました。
「私の家では、同級生たちが楽しむような贅沢は何一つできませんでした。着る物も誰かのお古や流行おくれの物で、しかも成長につれ合わなくなるのですが、それでも代わりがないため着続けなければならなかったんです。学校に行くたびに、周囲の女の子たちのおしゃれぶりを見――そして、私のみすぼらしさを顧みるたび、私は恥ずかしくて堪りませんでした。夜、ベッドで泣くのはしょっちゅうでしたよ。

6.<H. 14日でうつを克服する方法>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<G. マイナスをプラスに>
2007-11-20 Tue 00:54
<読んでみよう>
「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神が全てのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。<中略>…神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。(ローマ8:28、31)」
「ヨセフの話(創世記37~50)」

<考えてみよう>
あなたの人生の中で、有利な点・誇りに思えること
あなたの人生の中で、不利な点・損失や失敗に思えること

<やってみよう>
必要なもの:紙とペン
まず紙を縦に置き、中央に横線を一本(上下を分けるように)引きます。上にStars(良いこと)、下にScars(悪いと思うこと)とタイトルを付け、過去の出来事で思いついたことを書き込んでいきます

<あなたはどちら>
「…アラムはかつて略奪に出たとき、イスラエルの地から、ひとりの若い娘を捕えて来ていた。彼女はナアマンの妻に仕えていたが、
その女主人に言った。「もし、ご主人さまがサマリヤにいる預言者のところに行かれたら、きっと、あの方がご主人さまのらい病を直してくださるでしょうに。(II列王5:2~3)」

上記は「若い娘」の親の敵であるアラム軍の将軍ナアマンがハンセン氏病に冒され、身体的にも社会的にも死を迎えようとしていたときのことです。奴隷として使われていた若い娘は、宿敵の死に暗い復讐の喜びを見出すのでなく、かえって癒しを得られるように助言しました。

実の両親を滅ぼした敵の大将に、情けをかけることができますか。
あなたの宿敵を赦し、祈ることができますか…。

困難なことですが、それができたとき、あなたは既に癒されています。
6.<G. マイナスをプラスに>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<F. あなたでいい>
2007-11-19 Mon 00:53
<読んでみよう>
「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。(詩篇139:1)」
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。(イザヤ43:4)」
「女が自分の乳飲み子を忘れようか。自分の胎の子をあわれまないだろうか。
たとい、女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。(イザヤ49:15)」

<考えてみよう>
あなたの性格、長所・短所、ユニークな点は何ですか
あなたは自分の性格や趣味を、周囲に無理やり合わせようとした事はありますか
その結果は?

<ハリウッドでも>
ハリウッドの映画監督、Sam Wood氏によれば、若く才能のある役者候補たちがつまずくのが、超有名俳優のマネをしてしまうこと。それでは絶対にベストになれない。そう分っているから、監督は常に若者たちに「自分らしくあれ」と繰り返すそうです。

「自分でない誰か」になろうと努力することは、ショウビズの世界でも、近道に見えて遠大な遠回りなのです。

<あなたは「Something New」>
「あなたの先に、あなたのような者はなかった。また、あなたのあとに、あなたのような者も起こらない。(I列王3:12)」
神があなたに与えた素材。それがあなたの肉体であり、あなたの声であり、あなたの心です。
あなたの歌声は、あなたにしか出せません。あなたの描く絵は、この世の誰にも書けません。
あなたの顔、あなたの髪、あなたの手、あなたの筆跡、あなたの環境、あなたの遺伝子…。
全てが、あなたのためだけに造られました。それを喜んでください。
好むと好まざると、あなたは自分に与えられた園を耕し、それが大きかろうと小さかろうと、植物を植え育て、そこから収穫していくしかないのです。誰しも、人生のオーケストラの中で、どんな楽器であれ、自分が与えられた楽器をもって、最大限演奏するしかないんです。
隣の青い畑や、OOさんのバイオリンなどはこの際無視して、あなただけの園・あなただけの楽器を愛してください。

6.<F. あなたでいい>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<E. あなたのOO、いくらですか>
2007-11-18 Sun 00:50
<読んでみよう>
「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。(ヨブ1:21)」
「神は悩んでいる者をその悩みの中で助け出し、
そのしいたげの中で彼らの耳を開かれる。(ヨブ36:15)」
「I had a blues because I had no shoes,(靴が無いことを嘆いていた俺は)
Until upon the street, I met a man who had no feet.(足の無い人に出会って、初めて恵みに気が付いた)」
「Think and Thank.(考えること、そして感謝すること)」

<考えてみよう>
利き腕/視覚/健康な心臓に、あなたはいくら値段をつけますか
もし両足が利かないとしたら、どんな生活になってしまうと思いますか
高齢者・障害者の方で、明るく元気、前向きな方を知っていますか

<やってみよう>
盲目だとしたら/右腕がないとしたら。タオルで目隠し/拘束し、30分行動してみよう
車椅子の状態を想像して、町を歩いてみよう。移動に支障はないですか

<無いものねだり>
「私たちはほとんどの時間、『足りないもの』『備わっていないもの』について嘆いて過ごすが、『今あるもの』に感謝し、それを楽しむことには時間を使っていない。」Schopenhaue

6.<E. あなたのOO、いくらですか>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<D. 感謝されない…その空しさを超えるために>
2007-11-17 Sat 00:47
<読んでみよう>
「…自分に言いつけられたことをみな、してしまったら、『私たちは役に立たないしもべです。なすべきことをしただけです。』と言いなさい。(ルカ17:10)」
「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行ないなさい。
それは、あなたがたが、非難されるところのない純真な者となり、また、曲がった邪悪な世代の中にあって傷のない神の子供となり、いのちのことばをしっかり握って、彼らの間で世の光として輝くためです。(ピリピ2:13~16)」
「…あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。
悪を持って悪に報いず、侮辱を持って侮辱に報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです。(Iペテロ3:8~9)」
「あなたがたは、ただで受けたのだから、ただで与えなさい。(マタイ10:8)」
「…あなたには、何か、もらったものでないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか。(Iコリント4:7)」

<考えてみよう>
感謝されないで、悲しかったこと
恩着せがましく、感謝を要求されたこと。どう思いましたか
「ありがとう」「感謝します」の効用

<あなたの「期待値」>
もし誰かの命を救ったら、感謝されると思いますか。
「刑事裁判で78名の死刑囚を、終身刑に切り替え命を救ったS.Leibowitz裁判官。その救われた78名の内一体何名が、お礼を言ったりカードを送ったりしたと思いますか。
はい、0です。」
主イエス・キリストも、10名のハンセン氏病患者を癒しました。しかし、お礼を言いに戻ってきたのは外国人の青年一人だけでした。
キリストが奇跡を用いても10人に1人だったら、私たちがした小さな助けや気配りが感謝されない率は、一体どんなものでしょう…?

金銭的な分野では、「感謝されない」ケースは特に顕著です。鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが遺産として残した1億円近いお金を受け取った肉親は、こう罵ったそうです。
「チャリティーに寄付された365億に比べたら、1億なんてクソだ。」

残念ながら、人間の本性は時を越えて、不変です。だからこそ与える側が「あれだけのことをしてあげたんだから、感謝されてしかるべきだ」と期待しないこと。
6.<D. 感謝されない…その空しさを超えるために>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<C. 復讐のコスト>
2007-11-16 Fri 00:45
<読んでみよう>
「…自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。『復讐は私のすることである。わたしが報いをする。』
もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。
悪に負けてはいけません。かえって、善を持って悪に打ち勝ちなさい。(ローマ12:19~21)」

「さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も赦されます。
与えなさい。そうすれば、自分も与えられます。人々は量りをよくして、押しつけ、揺すり入れ、あふれるまでにして、ふところに入れてくれるでしょう。あなたがたは、人を量る量りで、自分も量り返してもらうからです。(ルカ6:36~38)」

「『主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。7度まででしょうか。』イエスは言われた。『7度まで、などとはわたしは言いません。7度を70倍するまでと言います。』(マタイ18:21~22)」

<復讐欲は、かえってあなたの敵を喜ばせる>
私たちの敵を憎み、復讐したいと望むとき。実は私たちは、彼らに力を与えてしまっています。憎悪から眠れなくなり、食欲不振や高血圧で健康を害し、目の前の幸福をふいにしてしまうのです。私たちの憎しみは、敵を痛い目にあわせず、かえって私たちを傷つけます。

もし敵が、私たちが目の下にクマを作り、食事もせず痩せてしまい、学校や仕事を休み始めたのを知ったら。小躍りして喜ぶのではないでしょうか?そうさせてはなりません。

主イエス・キリストが「あなたの敵を愛しなさい。あなたを憎む者に善を行ないなさい。
あなたをのろう者を祝福しなさい。あなたを侮蔑する者のために祈りなさい。(ルカ6:27~28)」と言ったのは、実は複雑な現代社会を生きる私たちのためです。
復讐心を捨てることで、高血圧や神経の病などから開放されなさい、ということです。

6.<C. 復讐のコスト>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
後藤の日報 11/10-14/11/2007
2007-11-15 Thu 13:36
長いので「続きを読む」内に掲載。
後藤の日報 11/10-14/11/2007…の続きを読む
別窓 | 特活「ほっぷ」への道 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.<B.前向きな姿勢を取り戻すには>
2007-11-15 Thu 00:43
<読んでみよう>
「いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。
あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。
何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。(ピリピ4:4~7)」

<嬉しい→笑う/笑う→嬉しい?>
実践心理学の大家Dr. William James が言うには、
「人の感情表現は心の動きに沿っているように思えるが、実は外向きの感情表現と、内向きの心の動きは並列で起こっているのです。だから、意識的に変えられる部分――感情表現――をコントロールすることで、心の動きに影響を与えていくことができます。」

「ですから、もし元気がないときは、まっすぐ立ち、笑顔で迎え、闊達に話すことから始めましょう。すでに元気なように振舞うわけです。すると知らずに、元気はついてきます。」

*意思主動の「やるぞ」「できるぞ」「がんばるぞ」で心の動きを変えようとしても難しいのですが、肉体主動の「微笑む」「歌う」「大きな声で話す」といった面は、意識的に変えていけます。
辛くなったとき、試してみましょう。

<やってみよう>
「明るい笑顔」
「歌う(口笛、ハミング)」
「大きな声で話す」
「自分から挨拶する」

「今日、私は:
A. 今日、私は幸せになろう。
B. 今日、私は世をありのまま受け入れよう。
C. 今日、私は誰かを助ける。しかも彼がそうされたと気付かないように。
D. 今日、私はこれまで「したくないなぁ」と延期していたことをしよう。
E. 今日、私は心を開いて人の話を聞き、理解し、合意しよう。
F. 今日、私は目の前の問題にのみ当たり、将来の不安を打ち消そう。
G. 今日、私は30分だけ静かな時間をとり、神にこころを打ち明けよう。
H. 今日、私は恐れない。幸せになること、美しいものを愛でること、愛し愛されることを、恐れない。」
そう決意してください。
6.<B.前向きな姿勢を取り戻すには>…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
6.重荷を克服するこころの姿勢8
2007-11-14 Wed 00:40
<読んでみよう>
「あなたがたの会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に合わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。(Iコリント10:13)」

「すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、賞賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさい。(ピリピ4:8)」

「…そればかりでなく、艱難さえも喜んでいます。それは、艱難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。
この希望は失望に終わることがありません。(ローマ5:3~5)」

「『わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。主に責められて弱り果ててはならない。
主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。』
訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。<中略>
すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。(ヘブル12:5~7、11)」

6.重荷を克服するこころの姿勢8…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
5.周囲からの否定・批判を克服するには
2007-11-14 Wed 00:38
<読んでみよう>
「死んだ犬を蹴る奴はいない」
「嫉みに満ちた陰口や、他人をこき下ろす容赦ない批判――それは、嫉まれ批判されている人の真実を明かすのでなく、毒を吐いている当人の下卑た人格を明かす。」

<考えてみよう>
あなたは悪口を言われたことがありますか
悪口を言う人は、そこから何を得ようとしていると思いますか

<批判される条件>
「死んだ犬をける奴はいない。」という諺があります。それはつまり「重要でない人を構う奴はいない」ということです。例えば、心無いマスコミが誰をいじるかと言うと、今脚光を浴びている「時の人」です。逆にホームレスの方のスキャンダルを追い求める記者・パパラッチはいません。

誰でも仕事やライフワークで芽が出てくると、周囲から好奇の目で見られ、少しでも気に喰わないところがあれば批判・否定される訳です。ご存知の通り、一度スポットライトが当たると「OOした」「OOしなかった」と、何であれ叩かれますね。

批判・否定はある意味、人間の性質――残念ですが、そう割り切ってください。

5.周囲からの否定・批判を克服するには…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
4.トラブルシューティング――問題を解決するために
2007-11-12 Mon 00:34
<読んでみよう>
「私の献身的な教師たち。彼らが私に、この世の全てのことを教えてくれた。
彼らの名はWhat(何)、Why(なぜ)、When(いつ)、How(どのように)、Where(どこで)、そしてWho(誰が)である」Rudyard Kipling

<あなたも問題鑑定士>
問題の原因が一体どこにあるのか。それを知れば、正しい解決法をも導き出すことができます。そのために、以下の簡単なステップを踏みます。

アリストテレス推奨の方法
A.情報収集:事実を洗い出す
B.解析する
C.結論し、行動する

<A. 事実を把握していないと>
不安が増大します。あることないことに気を配り、混乱するだけです。結論もでません。逆に全ての事実や数字を把握してしまうと、問題は既に解決している場合も多いのです。
しかし情報収集の段階で偏見や先入観、好き嫌いの感情が介入すると、自分に都合の良い事実をばかり集めることになります。自己弁護や保身のための情報ばかりを集めるとか。
そうした「捏造された」事実を元に結論を下せば、その結果は「残念なこと」になるでしょう。

感情を除くためにできること:
あ.事実を自分のために集めているのでなく、誰か他の人のために集めていると仮定
い.「弁護士が法廷の場に立つ前に、事実確認をするような気持ちで」集める
う.プラス面、マイナス面両方を均等に書き出してみて、客観的に見てどちらが望ましいのかの判断材料とする

<B. 解析するときに>
上記 う.で得られた「客観的事実」から、「じゃあどうする」の選択肢を導き出します。その各選択肢を選ぶことで、どのような結果が出るのかを想像してみます。
解析プロセスの間も、全てを紙に書き出していきます。

それが良い結果でも、悪い結果でも。静かに瞑想し、神に祈りましょう。
そして、主に示された最良の決定に、従いましょう。

きっとあなたに、心の平安が訪れるはずです。

<C. 結論したら、行動>
私たちに往々にして足りないのは、知識でなくて行動です。先延ばしにしてしまわずに、結論したなら即!行動です。
それがあなたの与えられた最良の案ならば、他にどんな手を尽くしても益にはなりません。また先延ばしすれば苦しいだけです。ですから迷わず、後ろを振り返らず、前に進みましょう。

あなたの勇気を思い出して。必ず、できます。

<やってみよう>
必要なもの:紙とペン
上記のガイドラインに沿って、早速始めましょう。

あ.「私は何を心配して/怖れているんだろう?」テーマに沿った情報収集、事実確認
い.「このくらいの率で、こうした結果が発生している」各選択肢の結果を予測
う.「神さま教えてください」その上で結論
え.「神さま、私が迷ったら引き戻し、倒れたら起こしてください」と祈り、行動開始
4.トラブルシューティング――問題を解決するために…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
3.負の感情が、肉体をもむしばむ
2007-11-10 Sat 22:13
<読んでみよう>
「不安と戦うことをしらないビジネスマンは、若くして死ぬ」Dr. Alexis Carrel
「病院を訪れる患者の約70%は、不安や怖れを除くだけで症状を克服できる」Dr.O.F.Gober
「医師が犯す最大のミスは、身体を癒すことに専念して、こころを癒すことを忘れてしまうことだ。しかしこころと身体は一つであり、一方だけ切り離して処置すべきではない」Plato

<負の感情に支配されると、こんな症状がでます>
かぜ・発熱・頭痛
めまい
ストレス性 歯痛
高血圧
シミ・シワ・白髪など、目に見える老化
不眠症
食欲不振・摂食障害
胃潰瘍
リウマチ
糖尿病
心臓機能障害
神経性消化不良
部分的な麻痺状態
気力減退、現実逃避
自律神経失調
薬物・アルコール依存
自傷・自殺 など

<考えてみよう>
現在、何か心配や不安・怒りなどの「負の感情」からくる症状がありますか
その感情を起こさせるもの:一体何が「原因」だと思いますか
状況を打破する為に、その「原因」にどう対処していけたらいいと思いますか

<やってみよう>
自分のために、今抱え込んでいる感情と、その「原因」を書き出してみてください。
例:過去の特定のできごと・当事者の行為・それについてあなたがどう感じたのか…

不安 / 怖れ / 不満 / 憎しみ / 怒り、憤り / 復讐 / あきらめ / 悲しみ / 自己憐憫 / 嫉妬 / その他…
3.負の感情が、肉体をもむしばむ…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2.心配事に悩まされないために
2007-11-10 Sat 00:29
<読んでみよう>
「あなたの重荷を主にゆだねよ。主は、あなたのことを心配してくださる。
主は決して、正しい者がゆるがされるようにはなさらない。(詩篇55:22)」
「あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも伸ばすことができますか。(マタイ6:27)」
「アバ。父よ。あなたにおできにならないことはありません。どうぞ、この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしの願うことではなく、あなたのみこころのままを、なさってください。(マルコ14:36)」

<考えてみよう>
これまで、自分の過ちを隠そうとして他人のせいにしたり、嘘をついたこと
失敗や仲たがいを恐れて、すべきことができなかったこと
その結果、状況がどうなった/こじれた・解決した?
それについて今振り返り、どう思いますか

<やってみよう>
心配ごとを今すぐ減らすことができる方法:
必要なもの:紙とペン

A. 「物事がうまく行かなかった場合、最悪こうなる」ことを解析する
B. 「A.のできごとがすでに起きてしまった」と想像して、それを受け入れる
「私の望むことでなく、あなたのみこころのままをなさってください」と祈り、神に重荷をゆだねる。
C. 「最悪の事態」を収拾するために、「今できること」は何か考えてみる
神に祈って謙虚に「私は今何をすべきでしょうか…」「何が正しいことなのでしょうか」と尋ねる。そして、その導きに従い行動する。

特に重要なのがB.、「悪い結果を受け入れる」こと、そしてC.「自分以上」の神に託すことです。
心静かに、それが失敗なら失敗、先方に迷惑なら迷惑、友だちからハブられるならハブられるで、真摯に受け止め、受け入れること。その時、自分に寄り頼めば自己保身に走ってしまいますから、公正明大な神に頼ること。

つまり、上司に報告の義務があるのなら報告し、謝るべきなら謝り、いじめに立ち向かうなら立ち向かうで、神の目に正しいことを行動に移すわけです。

こうすれば「失敗を隠蔽する方法」「誰に責任転嫁するか」など、負の根回しに走って時間を無駄にすることなく、問題解決に動くことができます。「あいつを庇えば俺も巻き込まれる」という自己保身でなく、クラス・学校全体を巻き込んで「いじめの実態」と戦うことができます。

「つつみ隠さず、正直に相談してくれる」「正しい志をもって、行動を起こす」という美徳は、人を見る目のある上司・先生・友人なら、必ずマイナスよりもプラスに捉えてくれます。そして何より、神の導きに従って困難と戦うことほど、あなたの信仰を強めてくれる経験はありません。
安心してください、主は全てご覧になっていますよ。そして神は、天国でのみならず、この地上においても、あなたの善に必ず報いてくださいます。

<Nothing to lose(失うものはない)>
あなたは、悪い結果を真摯に受け止められましたか。
もしできたなら。それ以上失うものはありません。落ちるとこまで落ちました。
逆に言えば、あとは昇るだけです。

もし失業したなら、次何ができるか考えられます。
もし離婚したなら、新しい人生について想いを馳せることができます。
もし財産を失ったなら、ゼロから再びやり直します。

最悪の結果を受け入れることは、同時にあなたに「考える力」を取り戻させてくれます。
心配や不安、後ろ向きの考えでなく、建設的なステップを踏み出すことができるようになるのです。
そして、祈りによって「昇る力」を求めれば、神さまが潤沢に注ぎ込んでくれますよ。

2.心配事に悩まされないために…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
1.今日だけのために
2007-11-09 Fri 00:23
<読んでみよう>
「…私たちの日ごとの糧を今日もお与えください。(マタイ6:11)」
「…だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。(マタイ6:34)」

<今日のパン、今日のしあわせ>
主の祈りの中に、「日ごとの糧を…」という節が出てきます。
そこでは、「今日のパンを下さい」と祈るだけで、

a. 昨日の乾いて美味しくなかったパンの愚痴を言ったり
b. 3ヵ月後のパンの心配

はしていません。この祈りは私たちに、「今日のパン(=食事をはじめ人間関係、仕事、家族などから得られる喜び)を求めること」しか教えていないのです。「今日のパン」とはあなたが現実として楽しむことができる、唯一のパンです。

また、「あすのための心配は無用」ということばにも、反対される方がいらっしゃるかも知れません。

だって、何ごとも人生設計、備えあれば憂いなし。
これをしなければ!あれをしなければ!仕事で、家庭で、子どもの進路で、ママさん会で、買い物で、保険で、車で…。

本当に、何をするにも心配がつきもの。石橋に辿りつく前にリアルシャドーで粉砕するごとく。

しかしここで主イエスキリストが言われるのは、「計画や準備をするな」ということでなく「起きるか起きないかも分らないことに時間を費やして、大切な『今』を見失わないで下さい」ということです。

<考えてみよう>
今も思い出す、悔しいこと、後悔していること
将来不安に思うこと
「失敗したらどうしよう…」と思うがゆえに、先延ばししていること
それらを考えるのに、どのくらい時間を使っていますか

<毎日が、新しい人生のはじまり>
もし私たちが、
●過去に起きたことの後悔や憎しみ
●将来への不安
を払拭できたら、「今日」からもっとたくさんの喜びを手に入れられるでしょうか。

その作業、いつから始めましょう。
来週から?明日から?
それとも今、この瞬間から…?
1.今日だけのために…の続きを読む
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
うつ・ストレスを克服するために
2007-11-08 Thu 20:16
<はじめる前に>

これからどんな学びがあるにせよ。
一番大切なことを、片時も忘れないで下さい。

それは、自分の内に眠る「心を軽くしたい」「憎しみ・自己嫌悪などから解放されたい」「再び自由を手に入れたい」という願望を持ち続けることです。

そのために、毎日自分の理想を思い浮かべ、
「今の苦しみを克服したい」
「そのために努力継続してみよう」
「誰が何と言おうと、自分のこと絶対あきらめない」
と決意しましょう。

実に、これから先の人生の幸福、心の平安や健康が、今日の努力から始まっていきます。

うつ、引きこもり、摂食障害、不眠症、自傷、…それら全てが、あなたの過ちとしてでなく、誇りとして、いのちの証(あかし)として昇華されるように…。
毎日、夢と希望を抱く練習を続けていきましょう。

<これから一時期、テキストの公開を始めます>

もしご興味ありましたらテキストを出力し、手元に備えて克服の支えにして頂けると幸甚です。また、苦しく辛いとき、聖書の励ましの言葉が次々と思い浮かぶように、

●大切と思った箇所をハイライトする
●まとめノートを元に反復し、日常生活でどう活用できるのか考えてみる
●学んだことを実際に活用して効果を確かめる
●祈りの日記をつける。「神さまに解決して欲しい課題」を箇条書きし「お願いします」と祈る
●日記内に、テキストから学んだことの使用感や、効果についても記録する
●「勝利の記録」だけでなく「あちゃぁ」「ごめん」ということも記帳していく

上記祈りの日記は、あなたの証帳として、将来きっと大きな役割りを果たすことになります。

今日あなたの船出を祝福し、どんな重荷も取り除いてくださる主イエスキリストの御名によって、お祈りいたします。
うつ・ストレスを克服するために…の続きを読む
別窓 | はじめに | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
レクチャーノート集:
2007-11-08 Thu 08:46
皆さま

これからシリーズで、打倒うつ・ひきこもり状態団体 ほっぷが、こころの問題を抱える方たちと一緒に学んでいくコース・マテリアルを掲載してまいります。ご査収頂きまして、

「こんな内容じゃあ、誰もついて来ないよ」
「正論ばっかりで受け入れられない」
「こう変えたら、もっと理解されるんじゃないの」
「聖書のこの章節も組み込めるんじゃない」
「こんな話もあるで。励みになるかも」
「ここかぶってる!もっと構成何とかして」

というようなご指摘・ご意見がございましたら、大変お手数ですがコメント欄などでツッコんで頂けないでしょうか。

皆さまと一緒に作り上げる教材と思っています。皆さんの見識や、これまでの人生が肥やしとなり、より良いテキストになればこれ以上の喜びはありません。どんな点でも、皆さまの真摯で建設的なご意見をお待ちしています。

とりいそぎ、皆さまへお願いまで。

ごとう ひでたか 拝
別窓 | レクチャーノート | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
更新遅れました。離婚はしません。
2007-11-07 Wed 22:41
みなさま

標題の件、ご心配をおかけしました。

離婚はしません。
私ではなく、最後に神が勝利しました。

平穏な日々ばかりではありません。
彼女の期待値も、要求も、Taken it for grantedも、止まりません。
私の頑固さも、A型的苛立ちも、Going my wayも、止まらないでしょう。

私にはただそばに居てやることしかできません。
神さま、あなたの信仰にすがることでのみ、現状維持できています。

私があなたにすがっていられる間に、私たちの心からとげを抜いてください…。
私たちを癒してください。あなたにしかできません。

主よ。あなたに信頼し、期待してお祈りします。

ごとう ひでたか 拝
別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
12弟子たちの その後 II
2007-11-07 Wed 20:29
前回からの続きです。

5.マタイ:取税人から、キリストの書記官へ
「取税人」とは、ローマ支配下のエルサレムで税金の徴収を任されていた役職でした。もちろん神への税金でなく、皇帝への税金です。ですからユダヤ人の間では、取税人が出るとその一族郎党も会堂から追放される、という爪弾きの職業。しかも汚職はびこる通行税取税課では、道行く人の荷を開けさせてその財貨に対し、自分の見立てた額を課すことができたのです。

同時に金貸しとして商いしていた彼らは、とんでもない額の税金を吹っかけ、払えないものには融資をして縛りつける、という更にあくどいことをしていました。同胞であるユダヤ人を食い物にする裏切り者、ローマ帝国の手先、人間のくずでした。

キリストはそんなマタイを弟子として迎えました。マタイは嬉しさのあまり、友人たちを招いて大宴会。会場は他の取税人や社会の爪弾き者たちで溢れかえりました。

イエス生前は特に目立たなかったマタイですが、彼は黙々と「成すべきこと」を行なっていました。主の言葉や行動を注意深く見守り、記録にとどめたのです。
これが後の「マタイの福音書」に。取税人は卑しい職業でしたが、帳簿など全てを記録する習慣を持っていたのです。

マタイの殉死には諸説ありますが、その内の一つを申し上げると、エチオピアに布教に出かけたマタイは、ある町で二匹の竜をつれた魔術師に出会います。彼らは人々をたぶらかして、自分たちを神として拝ませていました。

マタイは彼らの悪事を暴いて、人々の目を覚まさせます。そんな時、その国の王子が亡くなりました。そこで再び例の魔術師たちが推参、王子を甦らせようとしますが失敗。
群衆がブーイングする中、今度はマタイが天を仰いで祈ると、王子の命も戻ったのでした。

王子の復活に歓喜した国王はマタイを神として崇め、国中の宝を捧げ物として差し出しました。しかしマタイは受け取らず、かわりに教会を建てて全ての国民を改心させました。
その時、王の娘であるイフジェニア王女を修道女に迎えたのですが、王女との結婚を望んで止まない新帝ヒルタコがそれを恨み、遂に暗殺者を送り込みました。

マタイが教会で礼拝を行なっているその時、彼は暗殺者の凶刃に倒れたのでした。

12弟子たちの その後 II…の続きを読む
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
12弟子たちの その後
2007-11-07 Wed 12:30
O-12の元祖、「ふつ~の12人」であった弟子たち。主イエスキリストの死と復活、昇天は弟子たちの人生を全く変えてしまったのです。
今回は2話に渡り、「使徒の働き」で語られていない彼ら(ここでは8名)の後の人生を追いました。

1.ペテロ:一介の漁師から、カソリック初代教皇へと
AD67年、ペテロはローマで布教活動を継続していました。当時の皇帝ネロ(悪名高いボンボン。弟を権力争いの恐怖から殺害し、実の母と寝た後、彼女をも殺し、また自分の妻は自殺へと追い込んだ)が、「実は自分で放火したらしい」ローマの大火。その罪を隠蔽しようとした時、彼の頭に浮かんだのが「新興宗教キリスト者に、全てを押し付ける」という策でした。その集団のリーダー格だったペテロが、ネロの標的になったのです。

一度捕縛されるも、ペテロは脱走します。そして一路、ローマから退去しようと門へ向かったのでした。しかし、その門の手前で、ペテロは驚くべき人と会います。

イエスが、門を抜けてローマ市街へ向かって歩いているではありませんか。すれ違ったペテロは自分の目を疑いながらも、主に尋ねます。「主よ。どこへ行くのですか。」

「十字架にかかるために、ローマに行くのだ。」

あの時と同じだ。主はまた、自分の身代わりとして死のうとしている…。
涙を流しながら、ペテロはすぐに引き返し、逆さ十字に磔にされて殉死するのです。

12弟子たちの その後…の続きを読む
別窓 | Christianityってなんですか | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
荒野で叫ぶ声
2007-11-06 Tue 09:46
「ああ、今日はもう疲れたから、帰ろう」

先生、もう止めるのかい。
あの角の先にまだ、中学生の子が泣いているかもしれないじゃないか。
また私たちを放って、行ってしまうのかい。

また死なすのかい。

「夜回り先生」こと水谷修先生が相談を受け、関係を持ちながらも死んでしまった少年少女:84名。内約半分は自殺、半分はOD(麻薬等の過剰摂取)や、薬の影響下での事故死による。

それ以外のたくさんの青少年、数万のたましいを救い、癒してなお、死んでいった彼らの声に駆り立てられるように。水谷先生は、今日も送られてくる悲鳴メール・電話の応対、社会的認識を高めるための講演、また夜回りを繰り返すのです。

<こころの癒しだけでは足りない>
水谷先生は、競争や比較、批判に彩られた現代児童の荒んだ精神状況に触れ、その原因として周囲にいる大人たちのストレスを挙げます。
負の連鎖は私たちの生活に深く根付いています。先生の挙げた例だと、こういうことです。

景気が悪くなるにつれ、余剰人員として会社の上司や同僚からコケにされ、給料・ボーナスを切られ「辞めて貰ってもいいんだがね」とパワハラの被害を受ける父。確かに20代30代の全盛期のようには働けていませんが、取り戻そうと頑張るほどポカしてしまう。
お父さんはそのイライラを家庭に持ち込んで、お母さんや子どもに辛く当たる。すると、イライラバトンを受けたお母さんは次に子どもを叱ったり、虐待したりして解消する。

でも子どもは、その苛立ちやフラストレーションを、どこに持ち込めばよいのか。
お父さんなら夜の街に繰り出して、美味しい酒、美味しいつまみに舌鼓を打てばいい。お母さんはママ会にて毒を吐けばよい。
しかし子どもには、学校と家庭と、二つしかない。学校でも虐められている子だとしたら、もう完全に逃げ場がなくなる。発散する場も、息抜きの場もない。

親からあれこれ指示され、叱られてばかり。誰も愛してくれない、誰も認めてくれない。
そんな子どもたちが、成長して非行に走ったり、報復のため家族に暴力をふるう。夜の街に肯定と安らぎを見出し、夜遊びにふける。もしくは引きこもって、一日中仮想現実のゲームやパソコンに没頭する。

一体誰が原因なんでしょう。子どもなのか。親なのか。

社会や政治家、教育機関を批判し、その罪を負わせることは容易い。
しかし、そうして他人に責任転嫁している私たち。現状を見て見ぬ振りをして素通りする大人たちが、実は最大の原因なのだ。

そう叫ぶ先生のメッセージは、痛く耳に響きました。

<では今日できること>
水谷先生の優れた点。それは現場から発掘したニーズに対する解法を、「日常で」「誰でも」できることにブレークダウンして伝えていることです。

●親御さんには「愛」「肯定」「褒め言葉」を、些細なことでもお互いに・子どもに対して告げるように。仮に現在子どもが非行に走り夜遅く帰るような場合も、みんな勢ぞろいして叱らず、明るく嬉しく迎えるようにと。
●祖父・祖母の方たちには、金曜か日曜(自殺者が突出する曜日:金曜は週の恨みつらみを抱え込むとき。日曜は、新しい苦しみのサイクルの始まり)に、毎週孫たちに電話して心をくばり、元気がないようならば「どうした」「ワシらお前のこと愛してるぞ」「いつでも遊びにおいで」と励ましてあげるように。
●子どもたちには、現状の苦しみにめげず、相談する・助けを求める勇気を持つように。
●教師には、学校内でできる支援体制の確立に対して、臨時でも議論の場を持つように。
●近所の大人たちに。「8・3運動」といって、午前8時と午後3時(登下校の時間)に道に出て、通学する子どもたちに明るく声をかけるように。一人ぼっちで寂しそうに歩く子どもには、「どうした」と優しく話しかける、そんな愛に溢れたスキンシップをするようにと。

先生の話は、担当されてきた少年・少女たちと共に得た勝利、そして時に痛恨の敗北の証で彩られています。歓喜のガッツポーズもあれば、葬儀場で遺灰をつかみ、母親と共に喪われた息子を悼んで、泣き叫ぶこともあったのです。その中から「何が彼をそこまで駆り立てるのか」という片鱗を、見たような気がします。

そして、この世界で活動する者の苦悩・絶望、周囲から理解されない困難な現実をも。

大宮のソニックシティは笑いと、静かに溢れる涙で一杯でした。先生は講演後、満場の拍手鳴り止まぬ中、深く頭を下げられて退出されました。

荒野で叫ぶ声…の続きを読む
別窓 | 特活「ほっぷ」への道 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
DVなどで悩む方へ:道はあります
2007-11-06 Tue 09:41
本日(11月6日)越谷市役所の社会福祉課にて、ご担当者から話を伺ってまいりました。テーマは「生活保護。」
例えばDV(家庭内暴力)などで苦しむ女性が、その環境から一時的にであれ避難したとき、「生活保護」の名において政府が何をしてくれるのか。そんなことを聞いてきたのです。

苦しみから脱して新生活を始めるのに、一番の大敵は「何やっても無駄」「逃れられない」「相談できない」という諦観、あきらめの想いです。
そこには、「外部に漏らしたことが分れば、もっとひどい目に遭う」「警察も含め、政府は何もしてくれないのではないか」「以後の生活の基盤もなく、子連れで逃亡生活なんて、不安で行動できない」などという、漠然とした不安があるのではないでしょうか。

DVなどで悩む方へ:道はあります…の続きを読む
別窓 | 緊急時の対処・連絡網 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
祈りの日記
2007-11-02 Fri 14:44
ブログをつけるようになって気付くのは、「ブログネタ探し」「ネタ帳の記入」が習慣化し、感情の波に飲まれそうなときも、ある種冷静に「分析していられる」ことです。

自分の心の動きを捉えて、そこから生み出される製品・副産物を検査し、そのレポートを書く…
そんな思考プロセスが組み込まれたように思います。

議論・争いの中ですら、大切なのは「中立・客観的な視点」です。それを得るために、「ライターの目線」強いては「究極の第三者の目線」から、物事を見ようとする。その努力が、自分の正気を保ち、暴力や罵倒に走らないでいられる、精神の防波堤かもしれません。

特に深慮なく始めたブログでしたが、こんな副産物もあるのでした。
全ての管理者である、神に感謝します。

別窓 | Christianityってなんですか | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
祖母の死
2007-11-01 Thu 09:28
10月24日午後11時15分、父方の祖母が亡くなりました。96歳でした。
既にペースメーカーを搭載するなど、たくさんの障害をもっていた、老いた体。その上この夏脳梗塞、左半身不随となり、「食物を摂ろうとすると肺に入ってしまう」という理由から点滴で生活していました。病院のベッドで、時に鮮明に、時に朦朧としながら、3週間ほど前私が訪ねたときも迎えてくれたものです。

家庭内の事情で、私の父 Vs. 叔父・叔母・祖母トリオの醜い遺産相続争いとなり、ある意味縁を切っていた関係。しかし、私が14歳くらいまでは一緒に住んでいました。超ガキのころ、私のトイレを手伝ってくれた祖母を、今もなぜか覚えています。

ようやく苦しみから、束縛から解かれ、帰っていくことができましたね。お疲れ様でした。

<クリスチャンとして>
1.仏教、般若心経?

すみません、他宗教の批判になると申し訳ないのですが…。
仏式葬儀になると、生前の信仰やその度合いにかかわらず、釈迦氏の弟子にされてしまう模様。仏教の流派や釈迦、涅槃、ダーマ(ダルマ)への理解もなく、ただ先祖代々仏壇を崇め、彼岸を祀るだけで、死んだら勝手に「仏」にされ、仏名をつけられてしまうんですね…。選択の余地なし。

その信仰に到るための般若心経など教材も、ぶっちゃけ分らない。読経聞いていても何一つ分らない。一般の人が理解できないフォーマットになっていて、よほど勉強しなければ訳にすら届きません。

お坊さんも私の目に宿る「???」の色から、四苦八苦の苦界について、おばあちゃん死後は安らかなはず、あなたがたも釈迦のありがたい教えをもっと勉強してね…など話してくれましたが、結局仏教が求めているのは「ニルヴァーナ(涅槃)」、つまり意識も業(カルマ)も輪廻もなく、完全消滅することなんでしょう?

回り続ける苦しみの業の環から、解き放たれるために悟りを開き、そして消え去る。
生きてることも苦しいし、生まれ変わりも辛いし、ゴールでやっと「消滅できる。」

寂しいなぁ、何かそれ。

2.キリストを宣べ伝える?

生前最後の訪問時、意識がはっきりしない祖母に対して、私は祈ることしかできませんでした。主がその手で彼女を覆い、痛みを和らげ、少しでも健康にしてくださるようにと。
しかし、祖母の主イエスへの告白がない以上、死んだら「やっぱり救われてねぇ~」はずですよね…。

だからこそ、生前の、健康な内に伝えること。自分の証から主の御名を讃え、聞く人をイエス・キリストに向かわせること。「ジーザスにチャンスを与えてくれませんか」と伝えるだけ伝えて、後は各人の選択に任せること…。

『わたしの羊はわたしの声を聞き分けます。またわたしは彼らを知っています。そして彼らはわたしについて来ます。』ヨハネ10:27

ということですから、後はイエス様がよろしく面倒見てくれるはずです。

仏式葬儀の場で後悔しないように、日々働きかけるのが重要なんですね…。
ごめんなさいばあちゃん。ごめんなさい神さま。


ばあちゃんスマン。主役はあなただったのに、この世の無知という敵の目ばかりを見ていました。

再臨のときまたお会いしましょう。それまでお元気で。
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに |
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。