後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【祈り 短篇集】
2015-05-24 Sun 14:24
急遽、JR高崎線内より更新です。
目的地までめっちゃかかるんだもん。

―――――

主よ。
あなたはこんな私に光当てて下さった。
暗やみの住人である私は、なぜだか、
その光の明るさ、温かさを喜んでいます。

主よ。
あなたはこんな、汚れて歪んだ私を、
そのご用のための道具とされました。
ひねくれた理由ならいくらでも説明できる。
こんな使い勝手の悪い私は、なぜだか、
あなたの手にしっくりとくる、
研がれ磨かれた道具になりたいと、願うようになったのであります。

―――――

私たち人間は、
痛みや悲しみ、喪失...に、慣れてゆきます。
手足にまめやタコができて、痛いところを被うように。
私たちはその柔らかな、感じやすい心を、
覆い隠して不感症になってゆきます。

主よ。
あなたの愛だけが、その硬くなった殻を透過して、
私たちの心に、まだ出血している傷に、
触れて下さいます。
癒して下さいます。

あなたの慈しみをただ、
信じます。

あなたの救いの手を、
ただただ、
握って生きてます。
スポンサーサイト
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【祈りの】
2015-01-04 Sun 16:11
俺たちは、祈りの代表だ。

日本代表。見たいなモン。あなたにその自覚さえあれば。


【祈りの】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【祈りノート】
2014-09-30 Tue 20:36
この痛みに感謝します。主よ。

この痛みを通して、私はあの人の悲しみに寄り添うことができます。
この悲しみを通して、私はあの人の孤独に共に立ち尽くすことができます。
この孤独を通して、私はあの人の憤りを抱いて、静めることができます。

全てあなたの御心のままに。
主よ。今この時の恵みに、感謝いたします。

―――――

暗やみだからこそ、普段から身の回りに存在していたか細い光に気付くことができる。

♪Rising Sun♪ ではない。
♪暗やみに光♪ だ。

信じて、癒されて、Happy ×2 もいいだろう。
だが、信仰の本質は、そうじゃない。

信じて、100万円儲けて、成功しました◎もいいだろう。
だが、信仰の成熟とはそんな浅い物ではない。

暗やみの底で、初めて神を見上げて、

「主我と共にあり」
「主の御名は誉むべきかな…」

そう確信できることが、
誰も奪うことの出来ない、信仰の姿だ。
【祈りノート】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【常に祈っておれ】
2014-05-08 Thu 22:43
祈りは「宣言」である。

主の前に、あなたの祈りは全て聞かれている。

祈りは叶う。

主が御心を成してくださるからだ。

―――――

祈り

祈りに上手いも下手もあるか。

ただ心注ぎだして祈れ!

常に主を想え。

―――――

まだ世間慣れしていない若い神父が、あるとき司教に
「お祈りをしながらタバコを吸ってもいいんでしょうか」
と尋ねた。

司教は厳しい表情で「ノー!」と答えた。

 ――

しばらく経った日のこと。
若い神父は、タバコを深々と吸いながら一心に祈りを捧げている老司祭に出会った。

それを見て彼は気分がむかむかしたのと、
知恵をひけらかしたいとの思いから

「お祈りの最中にタバコを吸ってはいけません!
私が司教にお尋ねしたとき、
それはいけないことだと言われました」と話した。

「それはおかしいな」
と老司祭は言い返した。

「タバコを吸いながらお祈りしてもいいかと私が司教に伺った折には、
いついかなるときにも祈って宜しい
ときっぱりと言われたのだ」
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【祈り à la carte】
2014-05-07 Wed 21:36
「足元には、人の思惑の泥濘、罠。
だからこそ、ただ主を見上げて歩ませて下さい。

どうかこの一事において、
私が神であるあなたの前に

臆することなく、退くことなく
立つ事ができますように」


「私は、欠けた者、足りぬ者です。
愛無き者、ひねくれ者、浅慮な愚か者です。

素直じゃないんです。
人の背後の動機を穿って捉えてしまうんです。

そのくらい、追い込まれているんです。

神さま、ごめんなさい。
罪深い私を赦してください。」

晩鐘_Millet

【祈り à la carte】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【主に】
2014-03-02 Sun 19:07
讃美にこころ躍るとき、あなたはそこにいます。
悲しみの涙が溢れるとき、あなたはそこにいます。

私が泣いているとき、主よ、
あなたは私に寄り添って
私の肩を抱いて下さいます。

あなたは私と共にいて下さいます。


私たちは愚かで、裸で、病を負っている

【主に】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【祈り】
2014-02-18 Tue 22:03
「おかあさーん」
「おかあさーん」…


「とんとーん(父さーん)」
「とんとーん」…


居室から利用者さんの呼び声が聞こえます。

病院の天井

【祈り】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【素朴な 信仰】
2014-02-09 Sun 08:59
シンプルで、素朴な、信仰。

①聖書を読む。

②祈る。

③色々な目に遭ってみる。

①に戻る。

以上。

それが、
神に喜ばれる私たちの姿勢。

faith

【素朴な 信仰】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【う ら は ら】
2013-09-04 Wed 10:26
祈っているのに、信じられていない。
敬虔を装っていて、でも確信が持てない。
「奇跡が起きればいいな」とただ漠然と願っている。

―――――

ヘロデ王によるペテロ投獄の報を聞いた教会の長老やメンバーたちは、夜も火を絶やさずに神に祈り続けていた。

イエスの12弟子の一人ヤコブが処刑された直後であり、会の中心であるペテロまで命を落とすことになれば、この新しい信仰の群れは瓦解することさえ考えられるのだ…。


深い瞑想と祈りの中で、紳士の一人が叫んだ。
「神よ、どうか我らの愛するペテロ兄弟を救い出したまえ!」
「……もしそれができなくとも、
天の御国で彼の魂が安らぎますように!!」



そんな折、やかましい足音と共に、その館の女中であるロダが駆け込んできた。

「皆さん、聞いてください!
今門の外にペテロさんが来ていて、あなた方を呼んでいます!」

【う ら は ら】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【短編集】
2013-07-26 Fri 17:15
【今のこのときの苦しみは】
ああ、今のこのときの苦しみは

あなたと再会する喜びのために


【鍬の一振り】
「人生」と言う名の 土壌を前にして

手に持った鍬を 大地に振り下ろす

神は言われる

その鍬の一振り一振りが

あなたのこころを豊かにする

【短編集】…の続きを読む
別窓 | 【信仰の祈り】 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに | NEXT
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。