後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
【稚拙で】
2015-11-19 Thu 21:24
――― 私は、文章も稚拙で、
読者を惹きつける表現も技術も、
ないわけです ―――



『稚拙で、良いんだよ。』

『逆に、稚拙なものを通してしか、
わたしは自分をこの世に表現できない』

『父なる神の意志、
その御心を告げ知らせることができないんだ』

『幼子のように素直に、従順に、
わたしの声に耳を傾けて、
それを精一杯世に伝えようと表してくれれば、
それで良いんだよ』

幼子のように

【稚拙で】…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【拾い歩く】
2015-08-02 Sun 18:14
京浜東北線赤羽駅、朝のラッシュ時。
後藤が降りた先で、若人が二人、お互いの胸倉を掴み合って降車。

他愛もない喧嘩(未遂)だ。

多分、どちらかがどちらかの足を踏んだ、
肩がぶつかった、その程度のことから延焼した喧嘩。…

背の低いほうが顔赤。目も血走り気味。
ひょろ高いメガネ君は、ちょっと押され気味。
自販機に押し付けられながらも、お互いに胸倉離さず。

電車内から眺めている人々は、
どこか他人事、迷惑そう、心配気な眼差し。

…だが誰も・何もしようとしない。

後藤は面倒くさいことは嫌いだが、こう言う場面はよく遭遇するし、拾う。

拾う?
何を?


痛んだ心を。
この場合、双方の痛んだ心を。だ。

胸倉
<「殴れよ…それでお前の気が済むならな!!」 バキッ>
【拾い歩く】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【父への手紙】
2015-06-10 Wed 22:45
「華僑商法100か条」(白神義夫著、三樹書房、1993)を読んでいて。

華僑の方たちの後継者トレーニングというか、
子どもへの商売哲学伝承の方法について、こんな記述があった。

「…とくに子どもには、
小さいときからお金のありがたさと
その運用の難しさを実地に教育する。


幼い兄弟間で金の貸し借りをしても、
利子を取り立てる のが当然のこととされる。

親は、勿論、子どもに必要以上に金を与えないし、
金を“貸せ”ば利子を取る。

こうして華僑は子どものときから、
金の貸し借りには利子がつきものである という、
経済の根本原理を、身をもって学ぶのである。

「借りたら利子を払う」は、
子どもの世界でも「アタリマエノコト」なのだ。

まだ親掛かりの子が、なにかのコネで珍しい品を入手して、
「これを売りたいから」と親の店の片隅を借りたとしても、
その 場所代を徴収される のも、また当然とされる。

もっとも、朋友(親友)に金を貸すときは無利子である。
わが子から利子を取るのは、
あくまで商道を教えるためだ。


このほか、子どもの鍛え方の一種には、
たとえばお金を与えて近所の店に使いに出すとする。

子どもといえども、
定価通りすんなり買ってくるようでは先の見込みはない。

子どももさる者、店で商品をかき回し、
ちょっとでも欠点のあるものを選び出して
「講価(値段交渉)」に移る。
「減価(おまけ)」してくれるよう「講ずる」わけで、
値切った分は子どもの利益 だ。

駄賃を初めから決めていないだけに腕の見せ所となる。
万事がこの調子である」(P38~39)


おもしれー。
という想いと共に、湧き上がるものがあった。

パライソ

【父への手紙】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【津波が来ると】
2015-01-04 Sun 16:56
経済的津波が日本全土を洗って

(もしくは富士山噴火で首都圏機能停止、
その隙に復興財源とか言いつつ債務整理?ま どっちにしろ)、

日本政府倒産。

それは確定。
(ごめんね。信じたくない人は、いいよ別に。
安倍さん著の日本再生の虚しい幻想を信じていて下さい。)

問題は、
①いつ来る?そして、
②その時のために俺たち、どう備える?
ということ。

ノアの箱舟
  <夢の4世帯住宅。木造22F建て、築100年。562LDK。ペット応相談>
【津波が来ると】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【噛みつき】
2014-12-03 Wed 21:17
極端な反応を示す人がいる。

細かいミスでも、マイナス評価を与えずに いられない人がいる。
執拗に注意勧告を繰り返す人がいる。
「やられたら倍返し」を虎視眈々と狙っている人がいる。
ヒステリックに目を三角にする人がいる…。

う~ん…「人間」よ…。
と思いながらいると、主から語られることがあった。

たとえ便所に

【噛みつき】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【気付きノート】
2014-09-07 Sun 01:14
<悩み>
やるべきことは明らか。
進むべき道は明らか。

後は後藤が一歩また一歩と歩み出す勇気だけ。
――― 否、ただ進んで主に明け渡すという信仰のみ。

思うに主よ、
あなたがまず歩み寄って下さった。
罪深いこの私に。


あなたがまず手を伸べて、
あなたがまず私を引き起こし、
あなたがまず共に立って下さった。

この偉大なる指揮官に倣って行こう。

イエスさま。
私をこれからも宜しくお願いします。

我が憤りや想い、計画でなく、
主であるあなたの御旨が成りますように。

―――――

①人に福音を伝えるには
②自らが深い喜びに満たされていることが一番
③深い喜びで満たされるのは
④神のみことばと御恩寵による
⑤ならば、将来のリーダーとして
⑥我ら一人ひとりが聖書を読まねばならぬ

―――――

所属する若者の一人ひとりが、
将来の偉大なリーダーとなるのだから、
祈りと礼をもって遇する。最敬礼をすること。

ゆえに、高く見積もれ!
彼らを。そして自分を。

神が我々をそう評価・値積りして下さっているのだから。…

<参照章節>
ザカリヤ10:4~5
この群れからかしら石が、
この群れから鉄のくいが、
この群れからいくさ弓が、
この群れからすべての指揮者が、
ともどもに出て来る。

道ばたの泥を踏みつける勇士のようになって、
彼らは戦場で戦う。
主が彼らとともにおられるからだ。

【気付きノート】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【塩の振り方で】
2014-08-24 Sun 21:10
ふる○との会に就労していたとき。
夜分空腹を訴える利用者が多いため、おにぎりを作っていた。

具材はその日の残りの梅干とか昆布、高菜など。

当初、おにぎりなどまともに握れなかった後藤に、
夜勤マスターの Sさんから直接指導があった。感謝。

「塩を利かすにはな、表面にさっとつけることだ」
「そうすれば少量でもピリッと塩味が利くから」

【塩の振り方で】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【気付きノート】
2014-07-20 Sun 22:44
反逆者の根。
その通り。私には権威者に対する反抗心がある。

課題は二つあって、

①反逆者の根を持つ者は、神以外、主以外の権威を認めない。

主は我らの困窮、欠乏、余剰の全てをご存知であり、
主の裁き、主の公平さに全幅信頼している。
何故なら、主の説明や説得にのみ、我ら納得し、心服できるから。

反面、人間権威はガン無視である。

所詮人間。
たとえ為政者であろうと、
牧師であろうと神父であろうと、

「アンタたかが人じゃん??」

「主が権威者なのであって、
あなたが権威者なのではない。
過ってはいけない。」

と素直に思うからだ。
【気付きノート】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【人を獲るセールスマン】
2014-03-23 Sun 22:28
米フォード社の最初の営業マネージャー、ノーヴァル・ホーキンズがその著作

「セールスマン必携――販売のプロセス」(1918年)

で言っていることが、後藤の脳を震撼させた。


「セールスマンとして成功するには、
肉体も頭脳も精神も清潔そのものでなくてはならない。

そして正直で率直でなければならない。」

「良いセールスマンの条件は、身なりでも口上でもなく、
顧客の信頼を勝ち取る人間性そのものである。

だからまず、顧客の信頼を勝ち取るために、
良い人間にならなくてはいけない。」


この文章を読んで、涙が出た。

「いい人」で良かったんだ…。

それなら、私のこれまでの人生は、
迷い悩んだ右往左往は、無駄ではなかった。…

いいひと。

【人を獲るセールスマン】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
【支援くれくれ病】
2014-01-12 Sun 19:52
2014年1月、本年最初の「日曜討論」と言う番組で、
登場した中小企業の経営者が現場の窮状を話していました。

「…というわけで、政府は労働者に対する支援のみならず、
中小企業の経営者にもしっかりとした支援体制を築いて欲しいウンヌン…。」


現代社会は叫びます。

派遣労働者や日雇い労働者を、
またそれ以上に雇用を創造する企業を…

高齢者や若年無業者、
寡婦、障害者などの社会的弱者を、

政府が支援してください。



ごめんなさい。
日本政府にそんなことをする意志はないし、
動機も、財源もありません。


税収_歳出_日本

【支援くれくれ病】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに | NEXT
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/