後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
主が成し遂げてくださる
2007-10-01 Mon 23:58
(9月30日、RCESにて行なった証より)
今年8月19日の午後、コロンボから南東へ車で約一時間、バンダーラガマ(山間のムスリム人コミュニティ)にあるパワーハウス――麻薬中毒患者のリハビリ施設――で、洗礼式が執り行われました。

洗礼式用のタブに腰までつかり、元麻薬中毒患者の入所者たちが、次々と洗礼を受けていきます。水に入る前に、牧師の祝福と宣誓を聞きながら、祈りの手を堅く握り締める入所者たち。その心は、ただ主イエスキリストに向かい、自分の行なった悪を「ごめんなさい」と謝罪し、また主イエスの約束した癒しと救い、赦しを求めて祈っていたのです。

<ディレックのこと>
その数ヶ月前。ディレックという、スリランカで一時有名だったバンドのメンバーが、その姉に連れられパワーハウスにやってきました。
彼が音楽家として有名になるにつれ、多額のお金と名声、社会からの羨望がもれなくついてきました。それらを持て余した彼は、安易な罠――アルコールやドラッグへと転落して行ったのです。
ディレックは回想して、こう言います。「俺に金や酒、ドラッグがあるうちは、みんなハッピーな顔で近づいてきた。しかし、俺が全てを失ったとき、俺の周りには誰もいなくなっていた。」そんな人生の底に沈み込んだ彼を見て、彼の姉は「だめもと」でパワーハウスに行ってみてはどうか、と提案しました。

最初は「パワーハウスってのは、要するにだ、ドラッグ漬けのどうしようもない愚か者(お前だ)が行くところだろ?」「クリスチャンの彼らが、Holy Holyで自分に酔っちゃってるそうだし。」「何で俺が行かにゃならん?」と不機嫌系だった彼が、パワーハウスのオリエンテーションを受けていたときのこと。何やら見慣れた顔に出くわしたのです。

主が成し遂げてくださる…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | スリランカ篇 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
旅ブログではないのですが
2007-09-06 Thu 10:10
今回は、美しいシンガポールの風景(他)を共有させて頂きます。
旅ブログではないのですが…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
何が幸せなのか
2007-09-05 Wed 00:12
滞在中のシンガポールのTV番組で、インドのある家族が紹介されていました。

Budhia(ブディヤ)という3歳の男の子、片親・貧困の中で生まれた子どもが、里親にもらわれてから。
里親であるBoranchi(ボランチ)さんは、ブディヤを過酷な長距離走トレーニングに追い込みます。

ブディヤに毎日30~40km走らせ、地力をつけさせてから、この年齢(4歳)で世界記録となる70km、ノンストップマラソンにエントリーさせたのです。そこでは、インド政府、軍・警察の監督と、国際認定委員会の参加もあり、事前に周到な用意がされました。インドの片田舎であるマッセーラでは、大変なお祭り騒ぎになったのです。

スタートは、午前3:30分。7時間を越える長距離走、日中の熱波を避けるため、こんな早朝からのスタートとなるわけですが、その時点で気温はすでに22度を超えています。軍の先導と、コーチであり養父であるボランチが自転車で伴走する中、幼いブディヤは走り始めます…。

3時間で32kmを走り、周囲の激励と拍手・軍隊の伴走にプッシュされながら、ブディヤは走り続けます。ボランチの意向で、水は飲ませません。走行中一滴も。
水は、ブディヤを激励するために、目の前にちらつかせます。まるで馬の前にニンジンを下げるように…。

そして、7時間後。
ボランチが自転車をこぎ続ける中、突然観衆が悲鳴を上げて、後方を指差しました…。

実に67km、恐るべき距離を休憩なし、水なしで走り続けたブディヤ。
彼が初めて、走行を止めたのです。

意識朦朧とする彼を、ボランチは休憩所に落ち着かせ、水を飲ませます。しかし、彼の胃は痙攣して受け付けません。全て吐き出してしまいます。その内軍医が彼を近くの病院まで運び、体調をチェックしました。

その後、医師の「OK」を待ちかねて、ボランチはバイクでブディヤを連れ出します。何かと思えばテレビ局廻りです。

70km、という目標達成には至りませんでしたが、世界記録を塗り替える67kmを叩き出した彼は、今や国際メディアからも注目の的になったのです。次から次へと生出演を果たし、半分眠りながらも、その笑顔で周囲の要求に懸命に応えていました。

地元・国際TV局を総なめにしたあと。

朝3:30に走り始めてから、その日の深夜にわたるまで。ブディヤの長い、長い一日が、ようやく終わったのです…。

<4歳の笑顔>
ブディヤの人生は、ボランチに貰われてから、全く変わりました。
路上生活者、貧困層の住人として、これまで不自由していた食事。期待できなかった教育。温かく清潔で、乾いた住居。そうしたニーズが全て満たされ、今や最新の家電に囲まれ、満ち足りた生活を送れるようになったのです。
また、産みの親も、週に何度でも会いに来ることができます。幼稚園以外にも柔道教室に通い、友だちもたくさんできました。
走ることで、国民の英雄としてもてはやされ、ブディヤの努力を称えた歌まで発売されました。

走り続け、記録を塗り替え続けさえすれば、約束されている生活基盤と、栄光。
何が彼にとって、幸福なのでしょうか。

<燕雀安くんぞ 鴻鵠の志を知らんや>
こうした一連の事件を取り上げて、マスコミは「児童虐待だ」と叫びます。

しかし、養父ボランチは聞きません。
「これはブディヤが、オリンピック選手になる過程なのだ」
「仮に走行中死んだとしても、彼は英雄として死ぬことができる」
「彼は幸せだ。何も持たず、何者でもなかった彼が、今は国民の英雄なのだから」

そう堅く信じて、4歳の子どもに成長せよ、乗り越えよ、と圧力をかけ続けます。(なんか星さんみたいですね)
そんな強情な養父の鍛錬を重く見たインド政府は、ボランチを一時刑務所に拘留し、ブディヤに1ヶ月に渡る精密検査を受けさせました。あまりに過酷な訓練の為、成長の阻害と疲労骨折の危険性、そして養父からくるストレスにより肝機能・腎機能の低下が見られる中、政府は専属のプロスポーツコーチ陣を配置して、ブディヤのトレーニングに充てることにしました。

今や、英雄としてその偉業を維持するだけでなく、更に伸ばしていかなければいけないプレッシャーを負いながら…。
4歳のブディヤは、今日も走り続けます。
何が幸せなのか…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スリランカの刑務所でII
2007-08-15 Wed 14:07
(エピソードIについては、こちら)
一度男子房を出て、次は女子房に向かいます。

IDを提示し、荷物を預け塀の中に入ると、最初に案内されたのは本部事務所でした。主任警務官、クマリさんが迎えてくれます。そこにはホワイトボードがあり、入所者人口構成「訴訟中OO名」「軽度犯罪OO」「重度OO」「LTTE関連OO」…などの表記の下に、手書きで16・13と書いてあります。これは何?と聞くと、刑務所内で生まれた赤ちゃんの数、という回答が。

ベテランの女性警察官が、これまた丁寧に案内してくれました。

敷地は広く、男性房と違って花や緑に溢れています。実刑判決を受けた方・まだ訴訟中の方の居住スペースが大部分を占め、その中に医務室、厨房、作業所、保育所が整えられています。

保育所へ行くと、「例の」赤ちゃん・子どもたちunder5が、半分眠り、半分走り回って歓迎してくれました。そして突然4人の子が並んで、お母さんの拍子もままならぬ状態で、歌い始めたのです。あらかわいい。

若いお母さんたちの話を、ロバートが聞き取りすると、さまざまな理由が飛び出します。殺人、肉親に騙された、テロリストの関係など…。
元気を出して、頑張ってくださいね。そう言って私たちが席を立つと、子どもたちはいつまでも追いかけてきて、「バイバ~イ!!×15」みたいな。ありがとう、子どもたち。お母さんたちを元気付けてあげてね。

作業所も見せてくれました。機織物、編み物、宝石加工をはじめ、復帰後学んだ技術を活かして生計が立てられるように、コースを取り揃えています。どの部門にも共通したのは、皆さん全然部外者で何やってるのかわからないガイジンに対して、作ったものをあれこれ見せて、何とも嬉しそうなのです。

<Work Therapy>
物作りは精神を癒します。一心に手作業に集中することで、心の痛みや自己憐憫に浸るのを避けられますし、完成品をみて達成感を得ることもできます。規則正しい生活リズムも、決められた作業があればこそです。(反面、津波後のハンバントタでは、政府・NGO主導で家も食料配布も行なわれていましたが、逆に被災者たちは家に引きこもってしまい、精神的により追い詰められる、ということがありました。)

重度犯罪の入所者たちは、小さなブロックに施錠されています。3.5mt×2mtほどの房に、2名の受刑者が入っています。許されているスペースはその小さな房と、通路のみ。ロバートが色々聞き取りをすると、皆さんつらそうな面持ちで、身の上話を語ってくれます。

実に彼は、行きかう人々に何度も聞き取りをしていました。時に英語の会話で、理解できたものの内、印象深かったのは、尋ねる人尋ねる人「私は3年6ヶ月ここにいます。」「殺人の嫌疑で逮捕されました。」「2018年まで勤めます。」ときっぱり話す、いうことです。

通常、自分が犯した罪を共有するのは、何やら過去の失敗を話すようで、嫌なものだろうと私は思い込んでいました。しかし、彼女たちはそれをすでに人生の一部として受け入れ、淡々と語ったのです。

そして現在訴訟中(=犯罪人ではない)の女性たちが住む宿泊施設では、突然の来訪者のために皆さん立ち上がり、歌を歌ってくれました。悲しい響きの曲で、リードボーカルの方に続き、皆さんが小さくですが声を合わせ、歌います。レントゲン写真のフィルムを枠に張っただけの、手作りのドラムで拍子を取りながら、その声は長く、時に高く、時に緩やかに。美しい旋律を奏でていました。

シンハラ語ですから、勿論歌詞の意味はわかりません。しかし、妻の目には涙が宿りました。

そこを発って、私たちが医務室の前を通りかかると、先ほど会った編み物・機織物部門の女性たちが集まっていました。自分たちで作成したハンカチなどを手渡すために、わざわざ来てくれたのです。そんな優しさと心配りに感謝してお礼を言うと、受刑者の一人が私たちの健康と導きを祈ってくれました。

スリランカの刑務所でII…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スリランカの刑務所でI
2007-08-14 Tue 22:58
8月11日、コロンボのボレッラにある刑務所に行って来ました。国内最大級、最高セキュリティレベルの刑務所で、日本で言うところの網走刑務所みたいなものでしょうか。殺人や密輸、麻薬取引、国家に危機を及ぼすような重度の犯罪を犯した方たちが、収容されています。

みんなの教会で知り合ったロバート夫妻が、8年に渡り続けてきたプリズン・ミニストリを紹介してくれたのです。興味を示した私たちを、快く招いてくれました。

入所者は、男子房約4,500名、女子房約600名。
入り口の家族受付では、女性と子どもが主体の、長い行列ができています。
私たちも、厳重な警備陣とIDチェックを経て、遂に塀の奥の男子房に通されました。

格子門を抜けると、そこは思ったより明るく。しかし飾り気のない、無機質な空間が広がっていました。そこら中に、白い半そで・短パンといった格好の入所者たちが、ある方たちはグループで移動し、またある方たちは休憩なのか、座ったり、立ったりしながら、怪しい一行を眺め小声で話しています。

ガイドについてくれた、がっしり体型の警察官は、順繰りに刑務所内を案内してくれました。
刑務所内は、まるで小さな王国のようです。できるだけ自律運営するよう、巨大な厨房(80mt×60mt。皆さん包丁片手に作業していたのは驚きました。火は使わず、二台のボイラーからくる蒸気を使い調理)をはじめ、作業場としてランドリー部門(官公庁の仕事を請け負う)、製パン、木材加工・家具製造、鍛冶・溶接、印刷、手工芸、石鹸製造部門などが軒を連ねます。特にランドリー部門は、1948年に英国から導入した機材が、モーターや消耗品を別にしてそのまま稼動していました。「アジア圏プリズンランドリー部門、一位に輝く業績」と、紹介してくれた警務官も自慢げでした。

行水は交代して行なうようで、広い水場に50名程度の入所者が水浴びしています。トイレにドアはありません。個室内での自殺が多かったため、監視の目が届くようにとの配慮だそうで。

こうした自殺・自殺未遂を祈りと信仰によって減らすため、所内には宗教施設(教会、モスク、仏教の礼拝堂)も存在します。肉体を使った労働や更生への訓練のみならず、入所者が求めるなら精神的なケアも受けられるように配慮されているのです。

さて次に、入所者たちが寝泊りする房ですが、3mt×1.8mtほどの部屋(格子窓が一つ)に2名入るようです。招待してくれたロバートが、いつも会いに来ているというシークさん(ス移民の中国人。家族は今アメリカ)、同罪で入ってきたリカルドさんと話ができました。

房舎の中にあった、こじんまりとした手工芸工房を見せてもらうと、ココナツの殻を削り、磨いた指輪や、ボールペンなど、非常に珍しく、また美しい品を作成していました。職人たちの作業を見ると、指輪の研磨など正確さと忍耐を要求する、たいへんな仕事です。

工房から出て、房舎の出口に向かうと、何やら通路であわただしく準備が進んでいます。
すると、キャンディ(ス中央の山岳地)の伝統舞踊を、ドラム・歌・踊り手を含めて、総勢8名の入所者たちが披露してくれました。表演終了後、私たちから拍手(入所者は拍手禁?静かでした)と、一人ひとりに握手をすると、おそらく(何なのこのガイジン…?)と思いつつも、皆さん嬉しそうでした。

レクリエーションのスポーツ活動も、クリケットやバレーボール、ボクシングなど選べます。仕事のスキルではないけれども、趣味を持つことで出所後の社会復帰が促されるように。そんな工夫が、至るところに見られるのです。

スリランカの刑務所でI…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
トニーのはなし2
2007-08-12 Sun 18:33
キリストの道について、まだまだ駆け出しのトニーさん。少しでも彼の聖書読解を助けようと、持っていたAMES聖書学校の「初めての方へ;聖書はこう読みましょう!」セクション(後述)を差し上げました。

中華海鮮88で直接渡すか、イーさんに渡してもらえばいいや。と思い、繁忙期のレストランに入ると、トニーさん丁度昼食で来ていました。そこで、私が文書の主旨を伝え、封筒を彼に手渡すと、彼の顔が輝き、何とも嬉しそう。食べかけだった昼食のテーブルに、一緒にどう?と誘われましたが、事務所に戻らなければならずその場は失礼したのです。

私にとっては、ほんの小さな労力です。持っていた資料を出力し、封筒に入れ、お昼休みに5分歩いて、渡す。
そんな些細なことで、こんなに喜んでくれる人がいました。

<あなたの周りにも、きっと>
あなたの周りにも、きっと、寂しい思いをしている人がいます。
あなたの周りにも、きっと、助けを求めている人がいます。
あなたの周りにも、きっと、後悔や不安を抱えている人がいます。

自分にできる「小さなこと」で、その人は笑顔と喜びを、取り戻すかもしれません。
そしてその笑顔は、あなた自身の幸せに、何より貢献するものです。


普段「自分は!」「自分が!」「自分で!」と頑張ってしまう、私たち。

時にそれを、誰か別の人に振り替えて。
その人の幸福のために祈り、行動してみませんか。

まずは、自分自身の幸福のために、他人を思いやりましょう。
いつかそれはあなたの習慣となって、あなたの人生を更に幸せに、満ち足りたものにしてくれるはずです。


トニーのはなし2…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
トニーのはなし
2007-08-11 Sat 22:36
2007年8月5日のことです。きっかけは妻の「中国語」でした。

「みんなの教会(People’s Church AG)」朝の礼拝の後、見知らぬスリランカ人夫妻が私たちの元へやってきました。「あなたがた、中国の方?」と聞かれ、ごとうは違うがリンダはそうだ、と応えると、何やらむにゃむにゃお願いがあるそうです。

どうやら、ス女性の持ち家で中華レストランを経営する、マレーシア人シェフが、最近元気ないの。だから「神はいるのだ!」というメッセージを伝えようとしたが、彼は英語ができないため、全然通じませんでした。あなた、通訳してくれない?と言うのです。
最初は渋る妻。しかし最後には、「これもお導き」と頷きました。12:30分に、そのレストラン「中華海鮮88」で落ち合うことに。

さてレストランで。時すでに12:30を回り、12:50、13:00…と過ぎていきます。ごとうの隊はすでに飯完了。皿に残った最後のパパイヤ一切れを見つめながら、「まぁ、そろそろ帰ろうか…」などと言っていたのです。

そのとき、入り口付近にたくさんの人影が現れました。あ、教会であったス女性の家族です!息子、娘含む大家族が、今やってきました。もちろん、「遅れてごめんなさ~い」などとは言いません。むしろ「あなたたち、いたの!!」という感じです。

そして、その直後に問題の「マレーシア人シェフ(アルちゃん、としておきましょう。アルコールのアル)」が入ってきました。88のマネージャーである、イーウェン(イーさん)と、「あれ双子」というほどそっくりさんです。

ス女性は、「あら、アル!いい所に来たわね!お友達を紹介するわ!」「こちらリンダ。こちらアル。よろしくね。」と言ってから「じゃあ、後は任せたわ。」とさっさと行ってしまいました。

(話違くね?)

<それから4時間後>
88の角卓、店の関係者のためのテーブルで。ごとう、リンダとアル、トニーという中国から来た方、時折イーさん、そして途中で博打に去っていったおっちゃん。

時に頭をつき合わせ、時に笑い、時に言葉につまり、時に激しながら、アルはビールを飲み続け、話し続けました。要所要所で、妻の軌道修正が入るも、お酒の匂いと次第に座ってくる目で、私の目にはどうなることか、と危ぶまれました。

その頃トニーは言葉数少なく、時に頷き、時に他のテーブルに目を配りながら、それでも大人しく話を聞いていました。イーさんはその頃別卓で、他のマレーシア人仲間との話に盛り上がっています。

そしてレストランの夜の部が始まるため、アルが席を立つと、とりあえず一度お開きになりました。じゃあ俺らもそろそろ、と言って立ち上がると、トニーがついて来ます。どうやら、話の序盤で妻が「夜の礼拝は5時半からよ。行く?」といった言葉を受けて、フルマラソン級の話し合いの後も、「いってみよ」というやる気を保っていたようです。

そこで私たちは一度、タクシーで自宅に戻り、中国語(マンダリン)の聖書(妻が日本で友人からもらい、なぜかスに持参したもの)を、トニーにあげました。それから教会に直行です。

教会では、サムという台湾人青年とも出会い、「なんて濃厚な中国語の一日だ」と半分げんなり賛美していると、妻が「じゃあ晩御飯、どうしましょうか?」と言ってくれました。中国語の沼に首まではまった形です。主は生きておられる。皆住む場所が異なるため、どこへ行くか良いアイディアもなく、うだうだ歩いていると、トニー改心の一発。「88?」また、私たちが4時間のバトルを繰り広げた現場に舞い戻ると、仰るのですか。

私たちが88のドアをくぐると、案の定、ウェイターたちが「あらお帰り」と言うような目で見ています。イーさんも途中からテーブルに参加。サムも参戦して、キリスト&中国語一色の卓になりました。

異邦人であるごとうには、その日中華海鮮88で執り行われた奇跡が、後に妻から説明があるまで、全く分かっていなかったのです。

<あまりに多くのことが起きたため、各部分ダイジェストでお届けします>

トニーのはなし…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
今日はスリランカ ハンバントタへご招待
2007-08-05 Sun 12:28
今日は スリランカ南部 ハンバントタの被災者支援の現場を、みんなで視察してみましょう!



あなたも「ハンバントタ行きます!」と言えましたか…?
言えた方は押してくださいね♪↓
別窓 | スリランカ篇 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
今日のゴスペル
2007-07-28 Sat 15:45
ゴスペルは、元気が出る歌です

まだ、あなたがキリストの道にいなくとも
歌詞の一つひとつが

いつかあなたに語りかけて
あなたを導いてくれるはずです



だから、ただ聞くだけでなく

声を張り上げて

あなたの過去を
あなたの痛みを
あなたの不安を

主にあなたのこころを注ぎだせるように

教会に行って、歌ってみましょう

ごとう ひでたか 拝
別窓 | スリランカ篇 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ゴスペル・コンサート
2007-07-27 Fri 14:04
ゴスペルのコンサートが、私たちの通うPeople’s Church AGで行なわれました。アメリカ人女性の指揮者が3週間かけて、メンバー編成を調節し、曲目の習得、ハモり力を更に強化して、「Satulate(満たす)」という一大音楽イベントを結成したのです。

コーラスと言うのは素人目に見ても、非常に奥が深い分野です。男性・女性とも異なる声帯を持つ人びとが、そのギフトを持ち寄って歌います。指揮者はそのギフトを識別し、適材適所で配置、バスはバス、アルトはアルト、ソプラノはソプラノ…という感じで、その人の強みを活かした編成を組みます。

バスが無理やり「あ、俺ソプラノがいいな」とソプラノを歌うことはしません。
アルトまで一緒になって「俺も俺も~」とソプラノに走ることもしません。

そんなことをしたら、各人のギフトを潰してしまう。

それどころか、声が裏返ってFunnyになっちゃいますよ。そうしたら役に立たないどころか、コーラスの迷惑にすらなります。何よりも、「俺ってダメなソプラノね…」「やっぱり向いてないのかしら…(向いてません。)」と、自己評価まで急降下、理想と現実のギャップに苦しむことになります。

<ライオンが泳ぐ>
こういう例えをすれば分りやすいですが、実際私たちのうち何人が、こんな苦しいギャップを乗り越えようと、必死になっているんでしょうか。「ライオンが泳ぎ、ペンギンが飛び、オランウータンがサーフィン」しようとしているのでしょうか。確かに努力はできるけど、辛い。

だから、あなたがライオンなら、サバンナで駆け。ペンギンなら、北極海で泳ぎ。オランウータンなら、「森のひと」らしく密林で木の上に住めばよい。

<でも私って、一体何?コアラ?>
(…コアラ?)その答えを知るためには、まず心を静かにして、神に聞いてみる必要がありますね。

なぜなら、学校の成績や、文系・理系、これまでの職歴、性格診断、占い…。そんな物は、あなたが一体「誰なのか」の、ほんの表面しか示してくれないからです。あなたの深奥に眠るもの、あなたがすでに忘れてしまっているようなこと…。そこに答えがあるかもしれないからです。それに気づくためにも、神さまと一緒に時間を費やす必要があります。

あなたが神から与えられたギフトは、一体何ですか。
あなたが喜びを見出せることって、何ですか。

それは神さまの示す価値観に沿っていますか。
与えられた人生目標に、適合していますか。

ゴスペル・コンサート…の続きを読む
別窓 | スリランカ篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに | NEXT
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/