後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
【良い物が 腐敗に】
2016-03-28 Mon 21:18
世の組織を見ていて、何となく分かったことがある。

組織の起こり:
①全ての組織は、一人/少数の意思決定者が起つことで現出する。
②規模が小さい内は、意思決定者が現場に近く居り、お客と間近に接していて、課題に対して即断即応出来ている。目標の設定から行動・達成・振り返りまでのサイクルが素早く緊密に行なわれ、実現力の高い強固な組織となっていく。ワンマンが奏功している状態。

組織規模が徐々に拡大:
③ワンマンを崇拝するグループ、既得権益者、過剰に投資した者で抜けられない状態の者、などが所謂「蚊帳の中」、Inner Circle を構成していく。
④蚊帳の中 Inner Circle 内での派閥や情報の流れ方、役割/棲み分け、など年月を経るほどに難解で理解困難な上下関係やしがらみが発生。それらは構成メンバーが不変ゆえに、そのまま保存される。
⑤蚊帳の中 Inner Circle に役職や肩書は集約される。上からの覚えのいい奴はどんどん用いられる。
⑥反面、蚊帳の外 Outside the Circle には何の情報共有もなく、ただ「ガヤ」として周囲に佇んでいる。

組織規模が更に拡大:
⑦「ガヤ」は何も貢献しない。何の貢献も求められない。ただ、トップダウンの方針に従う事を求められる。そして依怙贔屓される蚊帳中の方たちを傍観するのみ。
⑧逆に、人数限定の蚊帳中 Inner Circle メンバーには過負荷になり、バーンナウト等発生。
⑨ワンマン意思決定者は未だワンマンであり続けようとする。全てを自分の裁量で決定したい、自由にしたい。
⑩よって蚊帳中 Inner Circle メンバー内にも「俺が何を言っても・やっても無駄だ」という無力感が漂う。
⑪蚊帳中 Inner Circle メンバー、深く取り込まれているほど、そして有能な者ほど、組織を見限って新天地を目指す。
⑫蚊帳外 Outside the Circle はそのまんま。脱落していく「蚊帳中メンバー」を横目で見ながら、内心不満を託つ。
⑬創立当初、最大の長所だった強い意思決定者/リーダーが、今や弱点化。彼のキャパ=組織全体のキャパ、になっている。
⑭そうして、全体的に不透明感、閉塞感、無気力感、孤立感…の漂う組織の出来上がり。

ま、こんなこと、どこでもあるよね。

その組織に骨埋める覚悟で貢献しまくるのも良し。
その経験自体は尊い。自分がリーダーになったとき、必要な情熱だ。

だが問題は、⑭から先なんだ。
そうした不透明感、閉塞感、無気力感、孤立感…をどう打ち破っていくかだ。


答えはある。
だが万人向け、万組織向けの出来合い One side fits All. な解はあり得ない。
リーダーのみならず、組織人である一人ひとりが、知恵を絞って考えるしかない。

だがそれはまた、「ガヤ」を取り込む良い機会である。
ワンマンがワンマンを超える、大きな跳躍の機会でもある。

現在の困難を、より多くを巻き込んで克服出来た時、その組織は更に大きく育つ基盤を得ることだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【べき論】
2016-03-20 Sun 15:05
俺ですら「べき論」に囚われていたぜ。

「べき論」とは、「○○は~すべきである」と言う、何とも他人批判、他人任せの論理である。

今日も、
「主任牧師、受難週(*)のこの超大事な説教を逃すべきではなかった」
と思ってしまった。

【べき論】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【ご利益マンション】
2015-10-07 Wed 23:02
こっけいな話があるんだ。

ご利益信仰の方の言っていたことだが、

「天地創造の神は、7日でこの地上と天を創られた。

イエスさまが昇天されてから、早2000年。
7日で地球周辺全部創れるお方が、

2000年もかけて造ってくれてる天国マンションって、
一体どんだけスゲェんだ?」


……

天国ご利益ー。

【ご利益マンション】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【浮腫 MuKuMi】
2015-08-09 Sun 20:08
本日の後藤は朝ランニングをサボって礼拝に出た。

久しぶりに涼しい朝で「昨今の睡眠不足分、寝てやろう」と思った故に。

だがその過ちに、讃美中大いに気付かされることとなる。


<走らないことの悪影響>
①讃美前の式者の祈りに対して、脳半眠。
②目重。目玉が浮腫。

歌いだして更に気付く、全身的浮腫み。

③腹。複式呼吸が多加水細胞により阻害される。
④頭。脳内浮腫みにより、音が響かない。振動が頭頂を突き抜けていかない。
⑤喉。幸いここだけは浮腫みが下がった。低音でのみ唸れる。

だが運動後のパフォーマンス比較で、7割以下。
7割以下の後藤だ。

それが讃美にて顕現してしまった
「後藤怠惰」の悲しい成果である…。

これが、椋美だ
<これが椋美のメカニズム>
【浮腫 MuKuMi】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【もしも 教会が】
2014-10-15 Wed 10:49
もしも、教会が。
対話と相互理解の場であったなら。

人々がそれぞれの名前を呼び合い、
「顔見知り」としてでなく、
「友」としてあるのなら。

近況を語り合い、
何事も包み隠す必要なく、
裁きと批判の怖れなく…。

差別や迫害など以ての外!
教会は世の組織や学校、カイシャではない。
天国に続く、主の群れ、主のからだなのだから。…

笑う ばあちゃん
                <笑う ばあちゃん>
【もしも 教会が】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【教会におけるカウンセリングについて】
2014-08-25 Mon 23:21
ナイチンゲールはその著書でこう言っている。

「おせっかいな励まし―――こうした励ましの習慣は病人に害を与える行為としては最悪のものであり、私はそれに強く反対する。(中略)

病人が直面している危険をわざと軽く言い立てたり、回復の可能性を大げさに表現したりして、病人に“元気をつけよう”とする、そのような行為は厳に慎んで頂きたい。」(中略)

「現実には、善意はあるが厄介極まるこの種の友人たちに励まされて、患者が少しでも“元気付けられる”ことなど皆無 なのである。

それどころか反対に、病人は倦み疲れて気が滅入ってしまい、(中略)結局、ひたすら自分の病気のことばかりを思い煩うことになってしまう。

一般的に言って、本当に病状の悪い病人は、自分のことをあまり話そうとはしないものである。」(中略)

Night-in-Gale
     <あの、ナイチンゲールですよ?鬼婦長 Night-in-Gale>

【教会におけるカウンセリングについて】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【平方のMillion House/銀カフェ】
2014-06-15 Sun 22:34
越谷市平方の物件。

3月23日(日)に契約し、現在整備中の建物である。

まだまだ廃棄も必要、やることは山積みであるが、写真にて進捗を共有しよう。

内見した時

<内見時、H26年1月>

内見した時

<外にも廃家電等、ゴミばかりです>

【平方のMillion House/銀カフェ】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【200万人の Facilitators】
2014-06-11 Wed 23:10
日本における教会のあり方…。


めんどくさい主題だ。

劇場型メガチャーチの成功例は、後藤の見た中では

スリランカ、コロンボにある Peoples’Church AG
シンガポールのホテル宴会場を利用し、毎日曜、複数拠点を展開するVictory Family Center

くらいだ。あとはプロモーションビデオに見るレイクウッド等。


さてここで。メガチャーチの定義は

「平均2,000人以上が出席する教会」らしい。
幽霊部員ではなく「稼動メンバーが2,000人以上」と捉えればいいか。

だが、日本には向かない。

Lakewood church
【200万人の Facilitators】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
【ピラミッド】
2014-06-09 Mon 22:32
「ピラミッド型の組織を作っている
聖職者の集団なら、どこでもやっていることです。


下を作らねば上には立てない。

ということですね」
(W. バフェっちゃん)


下を作らねば上には立てない。

組織運営において、Hierarchy は確かに効率的だ。

でも(未来の俺に問おう)、
それは本当にキリストの教会に必要か?

組織図_カトリック教会

【ピラミッド】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【人は一人になった時】
2014-04-11 Fri 23:36
「人はひとりになったとき初めてキリスト教徒たり得る」
「(対して)共同体は常に非人間的である」
(D.H.ロレンス「アポカリプス」)

そんな言葉を反芻していた。

教会とは共同体だ。

だが同時に、
神と人との関係を育む場所、
人をしてキリスト教徒足らしめる場所
である。

教会とは信徒皆で祈り、讃美し、
主の前にこころ注ぎだす場所。
そしてまた神の前に
“ひとり”に戻らされる場所でもある。


教会とは群れでありながらも、
その人が主の前に整えられたとき、

「見よ。神の子羊。」

と言って彼を神に引き合わせ、
主に従い歩むことを促す場所でもある。


桜

【人は一人になった時】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに | NEXT
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。