後藤 秀孝
http://afg2.blog74.fc2.com/
JAPAN
――Children of God not knowing―― 神の子供たちへ
2015-01-01 Thu 00:00
<はじめに>
このブログに来ていただき、ありがとうございます。

あなたが今日、あなたの創造主である神さまに会うことができ、その愛を知ることができるように。
あなたが「自分は何者なのか」「なぜ生きるのか」ということに理解を深め、その人生の目標に気づき、あなたがあなたらしく生きられるように。
あなたの肩から重荷が取り除かれ、平安と豊かさに満ち溢れた人生を実感できるように。
答えを一緒に探しに行きましょう。

今日があなたの人生を変える、とても大切な日になることを、信じ、期待して。お祈りしています。
――Children of God not knowing―― 神の子供たちへ…の続きを読む
FC2 Management
別窓 | はじめに | コメント:53 | トラックバック:1 | top↑
【目に見えない = 信じない】
2014-08-29 Fri 23:30
弟子の一人、ピリポが無謀にも、イエスさまに

「父を見せてください。
そうすれば満足します(=信じます)」

(ヨハネ14:8)

と言ってしまったように。


私たち、ひとたび信仰の話になると、

「神サマ、また神の奇跡であっても、
目に見えるなら私、信じますから…」


と言って憚らない。


でも、俺たちの“目に見える範囲”って、どのくらい制限されている?
逆に言えば、実際にあっても見ることができないモノって、
俺たちの身の回りにどれくらいある??

被爆量
    <By the way, 政府は・東電は、責任など負いませんよ…?>
【目に見えない = 信じない】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【システムの中からは】
2014-08-27 Wed 00:16
駅前で政治家が演説をしている。

その都度思う。

「コイツもシステムの内側の人間だ。
権益が約束されたシステム…。

誰であれ、自分が依存している
エコシステム(生態系)を
破壊することはできないし、しない。」


つまり、

「政治家には
日本の政治システムは変えられない」
「世界経済潮流に呑まれて成す術も無く、
自分の利を図るのみ」


ということだ。
【システムの中からは】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【教会におけるカウンセリングについて】
2014-08-25 Mon 23:21
ナイチンゲールはその著書でこう言っている。

「おせっかいな励まし―――こうした励ましの習慣は病人に害を与える行為としては最悪のものであり、私はそれに強く反対する。(中略)

病人が直面している危険をわざと軽く言い立てたり、回復の可能性を大げさに表現したりして、病人に“元気をつけよう”とする、そのような行為は厳に慎んで頂きたい。」(中略)

「現実には、善意はあるが厄介極まるこの種の友人たちに励まされて、患者が少しでも“元気付けられる”ことなど皆無 なのである。

それどころか反対に、病人は倦み疲れて気が滅入ってしまい、(中略)結局、ひたすら自分の病気のことばかりを思い煩うことになってしまう。

一般的に言って、本当に病状の悪い病人は、自分のことをあまり話そうとはしないものである。」(中略)

Night-in-Gale
     <あの、ナイチンゲールですよ?鬼婦長 Night-in-Gale>

【教会におけるカウンセリングについて】…の続きを読む
別窓 | 教会へ行く | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【塩の振り方で】
2014-08-24 Sun 21:10
ふる○との会に就労していたとき。
夜分空腹を訴える利用者が多いため、おにぎりを作っていた。

具材はその日の残りの梅干とか昆布、高菜など。

当初、おにぎりなどまともに握れなかった後藤に、
夜勤マスターの Sさんから直接指導があった。感謝。

「塩を利かすにはな、表面にさっとつけることだ」
「そうすれば少量でもピリッと塩味が利くから」

【塩の振り方で】…の続きを読む
別窓 | いま ここに あなたがいる 理由 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【炉は熱いぜ】
2014-08-24 Sun 20:31
若者たちの苦境を見る。

就職活動。100社応募、面接8件、
ボロクソに言われて玉砕。自信喪失。

資格取得の最期段階。
実習先にて意味も無く酷い扱いに遭い、実習中止。
今年の受験機会を喪う。

せっかく成った正社員。ブラック。
月平均100時間の残業代つきません。
過労で同僚ばたばた辞める。

その過程で、

人格を否定される、
あらぬ疑い・非難を受ける、
牛馬のようにとことん搾取される。…



日本を代表する大企業の裏側にも、
こんな Noir話が蔓延している。


すきや なんて当たり前、
トヨタ・ソニーの生産ライン、
ワタミ、ベネッセ、餃子の王将、JR西日本、
あのディズニーリゾートまで
常態的な搾取の構造が指摘された。

現実はどうだろう。…マジか。

ディズニーでさえ搾取
<ミッキーさんの着ぐるみに冷却装置が付いていると思っているな…?
そんなものはないッ>
【炉は熱いぜ】…の続きを読む
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【知覚・覚醒 Sensory system:installed & activated】
2014-08-24 Sun 17:37
ナイチンゲールがこう書いている。

「…看護婦と言う我々の天職においては、
そうした 正確な観察の習慣 こそが不可欠なのである。

というのは、身についた正確な観察習慣さえあれば、
それだけで有能な看護婦であるとは言えないが、

正確な観察習慣を身につけないかぎり、
我々がどんなに献身的であっても、
看護婦としては役に立たない、
といって間違いないと思われるからである。

ある看護婦は、病棟をいくつも受け持っていたが、
患者一人ひとりに許されている食事内容選択の細かな相違を頭の中にたたみこんでいたばかりでなく、患者一人ひとりがその日その日に何を食べたかをも正確に覚えていた。

ところが、別のある看護婦は、一名の患者しか受け持っていなかったが、
毎日毎日、まったく手の付いていない食膳を下げていながら、
そのことに全く気がつかないでいた。(中略)

もしあなたが観察の習慣を
身につけられないのであれば、
看護婦になることを諦めた方が良い
であろう。

なぜなら、たとえあなたがどんなに親切で熱心であるにしても、
看護はあなたの天職ではないからである。」Pg189
(フロレンス・ナイチンゲール、現代社、1968年。
「看護覚え書――看護であること・看護でないこと――」)
【知覚・覚醒 Sensory system:installed & activated】…の続きを読む
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【授業参観】
2014-08-24 Sun 16:16
あなたは覚えているか。
小学校で授業参観があった日を。

背後から感じる目線。
かすかなストレス。かすかな誇らしさ。

普段とテンション全く違い、
なぜか皆の 背筋がぴん となっていた・あの日。

なぜか不真面目な奴まで手を上げる(振り。と勢い)。
顔は真面目そのもの、授業熱心そのもの。
であった。

放蕩息子でも

【授業参観】…の続きを読む
別窓 | 信じると、あなたに起こること | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【Born this way, or born again God's way】
2014-08-21 Thu 23:53
ガガ子さんの歌に「Born this way」と言うのがあり、
そのオープニングを Tsutaya で聞いていてハッとした。

♪My Mama told me when I was young
We are all born superstars
子供の頃 ママはこう言った
「私たちは生まれたときからみんなスパースターよ」

She rolled my hair and put my lipstick on
In the glass of her boudoir♪
私の髪をカールさせて 口紅をぬってくれた
ベッドルームの鏡の前で


あなたが ガガ子が好きか?嫌いか?
(*PVはあまりに酷いので視ない方が良い…)

は置いといて、

Jonny Be Good しかり、Elvis “the king” Presley しかり。

誰か(=上記のみんな、お母さんだ)が
「あなたは将来立派な人になるわ」
「あなたは有名なバンドのリーダーになるわよ」

などと予言(…大言壮語?)してくれたお陰で、
(たとえ一時であれ)
「立派な人になっちゃう」 ケースがある。


真逆の諺では、
「盗人と呼べば、彼は盗むだろう」 がある。

ここに、我々がつい気軽にしてしまう
「レッテル貼り」の怖さと、
有用性
が秘められているように思う。

人を見た目で
         <多分赤だろ>
【Born this way, or born again God's way】…の続きを読む
別窓 | 「この世の真理」とは | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
【Being 後藤】
2014-08-14 Thu 19:40
私 後藤 秀孝 の履歴書は、ブラック企業の羅列でした。

善意の経営者も中にはいましたが、
「ブラック企業の特徴」等のスケールと比較すると、
やはり雇用主に優しく・労働者に厳しい企業/組織、でしたかねぇ。

そんな世知辛い現代日本で、
私も困窮を知り、無職を知り、
会社泊を知り、奴隷労働を知っています。


分かる分、辛いのです。

今も尚、否、今増々厳しい就業環境で、
勤勉・正直・感謝と言った美徳に溢れる同胞が
使い捨てられていくのを見るのが…。

学生の頃から競争を強いられ、
ついには弱肉強食の世界/経営者の帝国におっ放り出される。

「中流の夢」「そこそこの成功」など既に姿を消し、
格差拡大の中エリートか困窮かが真っ二つに割れた時代。…

【Being 後藤】…の続きを読む
別窓 | クリスチャンの仕事術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| キリストの愛を 超多忙なあなたに | NEXT
copyright © 2006 キリストの愛を 超多忙なあなたに all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/